10月より、幼児教育・保育の無償化が始まります!

令和元年10月より、幼児教育、保育の無償化制度がスタートします。

幼稚園、保育所、認定こども園、病児保育など教育、保育施設を利用する際、

〇保護者(全員)の保育依頼必要事由(就労、障害、疾病、出産、妊娠、看護、介護、就学などで保育ができない状態にあること)

〇子供さんの年齢

〇施設の種類

〇その他

などの条件により無償化、もしくは無償上限月額が設定されます。

(鹿児島市の場合。鹿児島市ホームページ参照)

その中でも特に薬局と関連性の高い「病児保育」に関しての内容は、

☆3歳~5歳児:月額3万7千円まで無償

☆0歳~2歳児:住民税非課税世帯のみ月額4万2千円まで無償

☆施設等利用給付認定申請が必要(申請書は病児施設、市役所等で配布)

☆なお、給食費、行事費等実費は今まで通り負担

などがあります。

(3歳児とは:3歳に達する日以後の最初の4月1日~翌年3月31日までの子供)

各自治体、施設により対応は異なります、ご不明な点は施設等へお問い合わせください!