災害 と お薬手帳

先日から続く九州北部の大雨による水害。

昨日、鹿児島県で震度5を記録した地震。

被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

ここのところ、日本各地で自然災害が猛威をふるっています。

昨日の地震も、鹿児島市内のつむぎ薬局では、恐怖を感じるほどの大きな揺れを体感し、災害の恐ろしさを身をもって感じました。

先の大震災等での、「お薬手帳」の重要さはその後語られてきましたが、最近さらに感じるところです。

あっては欲しくないことですが、万が一の時、災害だけではなく突発的な事故や急な発症時のために、身分証明書と一緒に「お薬手帳」を常に持参して下さい。

来局時には必ず持ってきていただき、また、手帳内のみなさんの情報も記入し、常に最新の状態にしていただければと思います。

私共も、飲み合わせや重複したお薬の確認など、安全に服用していただくため、またご負担額軽減へ繋がる薬剤の見直しなどに活用させていただいております。

ぜひ、この機会に「お薬手帳」の意義を再確認していただき、持ち歩く習慣をつけていただければと思います。